FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法定休日と法定外休日(所定休日)の違いは何か?

労働基準法35条では「使用者は労働者に対して、毎週少なくても1回の休日与えなくてはならない。」としています。
この労働基準法に定められた休日を「法定休日」と呼び、法定休日以外の休日を「法定外休日(所定休日)」と呼びます。

例えば、 1日8時間、月曜日から金曜日までを労働日(8時間×5日=40時間)とし、土・日曜日を休日としている会社の場合は、日曜日を法定休日と特定すれば、土曜日は法定外休日となります。
この場合、日曜日に出勤を命じた場合は「休日労働」として135%以上の割増賃金を支払い、土曜日に出勤を命じた場合は「時間外労働」として125%以上の割増賃金を支払います。
なお、法定休日は日曜日としなければならない訳ではありません。
法定休日の特定は就業規則で行うのが一般的です。法定休日を特定しなければ、週の最初に到来する休日が法定休日となります。
スポンサーサイト

辻 社会保険労務士事務所

FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。