FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休憩時間を分割して与えることができるか?

労働基準法34条は「使用者は、労働時間が6時間を超える場合においては少なくとも45分、8時間を超える場合においては少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。」としていますが、与え方については特に言及していません。
したがって、例えば1時間の休憩時間を昼休憩45分、午後から15分というように分割して与えたとしても違法ではありませんが、労働時間の途中にと言っていますので、始業前や終業後に与えることはできません。
また、長時間勤務の場合でも、労働基準法上は、労働時間が8時間を超える場合労働時間の途中に1時間の休憩時間を与えればよいことになります。
スポンサーサイト

辻 社会保険労務士事務所

FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。