FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紛争調整委員会によるあっせんとは?

紛争調整委員会とは、弁護士、大学教授等の労働問題の専門家である学識経験者により組織された委員会で、都道府県労働局ごとに設置されています。この「紛争調整委員会」の委員のうちから指名されるあっせん委員が、紛争解決に向けてあっせんを実施します。
あっせんとは、当事者の間に学識経験者である第三者が入り、双方の主張の要点を確かめ、場合によっては、両者が採るべき具体的なあっせん案を提示するなど、紛争当事者間の調整を行い、話合いを促進することにより、紛争の円満な解決を図る制度をいいます。

【紛争調整委員会によるあっせんの特徴】(厚生労働省のリーフレットから)
①労働問題に関するあらゆる分野の紛争(募集・採用に関するものを除く)がその対象となります。
②多くの時間と費用を要する裁判に比べ、手続きが迅速かつ簡便であり、
 また、弁護士、大学教授等の労働問題の専門家である紛争調整委員会の委員が、
 円満な紛争解決に向け無償で、あっせんを行います。
③紛争当事者間であっせん案に合意した場合には、受託されたあっせん案は民法上の
 和解契約の効力をもつことになります。
④あっせんの手続きは非公開であり、紛争当事者のプライバシーを保護します。
⑤労働者があっせんの申請をしたことを理由として、事業主が労働者に対して解雇その他不利益な
 取扱いをすることは法律で禁止されています。

【解説】
①あっせん申請を行うには、実際に労働紛争が起きていることが前提となります。
 例えば、労働者がただ単に会社に対して不満を持っているだけで、紛争になっていないようなケースでは、
 あっせん申請を行うことはできません。
②紛争調整委員会によるあっせんは、当事者間の話合いを行政が仲立ちするという制度ですので、
 裁判のように白黒をつけるところではありません。どうしても白黒をつけたい人には向きません。
③労働基準法上の違反は、紛争調整委員会のあっせんの対象とはなりません。
 労働基準法上の違反を伴わない解雇、労働条件の引下げなどの民事上の個別労働紛争を行政が
 話合いの仲立ちをしようというのが、紛争調整委員会によるあっせんの役割と理解されたら良いでしょう。
スポンサーサイト

辻 社会保険労務士事務所

FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。