FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人労働者と労働・社会保険の関係は?

【労災保険】
日本人の労働者と同様に、外国人労働者も強制加入となります。なお、外国人労働者については、不法就労者であっても労災保険の適用を受けるとされます。

【雇用保険】
以下のケースを除き、日本人の労働者と同様の扱いです。
※行政手引20355
日本国に在住する外国人については、外国公務員及び外国の失業補償制度の適用を受けていることが立証された者を除き、国籍(無国籍者を含む)のいかんを問わず被保険者となる。なお、外国において雇用関係が成立した後日本国内にある事業所に赴き勤務している者であって、雇用関係が終了した場合等において帰国するのが通常である者については、被保険者として取り扱わない。

【健康保険・厚生年金保険】
社会保険の適用事業所であれば、外国人労働者であっても健康保険・厚生年金保険の加入は日本人と変わりありません。ただし、不法就労者は加入することはできません。
外国人労働者の中には保険料の自己負担を嫌い、日本で老齢年金を受けられないのに厚生年金保険の加入はおかしいという人もいます。厚生年金保険では、このような場合に備えて、本国に帰国した外国人に対して一時金(脱退一時金)を支給する制度が設けられています。
スポンサーサイト

辻 社会保険労務士事務所

FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。