FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人留学生をアルバイトとして雇入れるときの注意点は?

外国人は、入管法で定められている在留資格の範囲内において、日本国内での活動が認められています。したがって、与えられた在留資格以外の活動は原則としてできないことになっています。
外国人留学生は、勉学が目的の「留学」という在留資格で在留していますので、留学以外の活動はできないのが原則です。ただし、学費等を補う目的で、勉強の妨げにならない範囲内で、事前に入管から「資格外活動許可」を受けることによって、アルバイトができることになっています。

【外国人留学生をアルバイトとして雇入れる際の注意点】
1.1週間のアルバイト時間は28時間以内という制限があります。
※注意点
  ①大学生・専門学校の学生の場合は、教育機関の長期休暇中(夏季、冬季、春季)は、
   1日8時間以内のアルバイトが認められます。
  ②風俗営業および風俗関連営業のアルバイトはできません。

2.外国人留学生等をアルバイトとして雇うときは「資格外活動許可証」の有無を確認することが必須です。なお、パスポートに「資格外活動許可認証シール」が貼付され、在留カードの裏面にも許可の要旨が記載されますので、パスポートや在留カードによっても有無の確認ができます。
また、入管では留学等の在留資格で学業に専念せず、アルバイトと称してもっぱら就労に従事することは不法就労と位置づけていますのでご注意ください。
(参考)入国管理局のHP

スポンサーサイト

辻 社会保険労務士事務所

FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。