FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神障害(メンタルヘルス不調)の労災認定基準は?

平成23年12月26日に定められた「心理的負荷による精神障害の認定基準」では、次の①、②及び③のいずれの要件も満たす対象疾病は、業務上の疾病として取り扱うとされています。

① 対象疾病を発病していること。
② 対象疾病の発病前おおむね6ヶ月の間に、業務による強い心理的負荷が認められること。
③ 業務以外の心理的負荷及び個体側要因により対象疾病を発病したとは認められないこと。

これは、対象疾病(認定基準で対象にしている精神障害)の発病の有無、発病の時期、疾患名について明確な医学的判断があることに加え、当該対象疾病の発病の前おおむね6ヶ月の間に業務による出来事で強い心理的負荷が認められた場合に労災として認定されることを意味しています。

また、認定基準における対象疾病の発病に至る原因の考え方は、「ストレス脆弱性理論」に基づいており、業務による強い心理的負荷とは、精神障害を発病した労働者がその出来事及び出来事後の状況が持続する程度を主観的にどう受け止めたかではなく、同種の労働者(職種、職場における立場や職責、年齢、経験等が類似する者)が一般的にどう受け止めるかという観点から評価されます。
スポンサーサイト

辻 社会保険労務士事務所

FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。