FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワハラについて企業に求められる対策とは?

「円卓会議ワーキング・グループ報告」では、パワハラを予防・解決するための労使の取組みについて、以下のように掲げています。

【パワーハラスメントを予防・解決するための労使の取組み】
1.パワハラを予防するために
①トップのメッセージ
 社内に対して、パワハラの予防や発生時対応の方針を明示することで、パワハラ対策を会社として
 重要視していることを示し、従業員の意識を高める。
②ルールを決める
 会社としてルールを作ることで、パワハラをしないようにしようという従業員の意識を高める。
③実態を把握する
 従業員アンケートにより、自社のパワハラの発生状況や従業員の意識を把握し、今後の取組みの参考にする。
④教育する
 従業員にパワハラに対する知識を習得してもらうことに加え、具体的な取組みに従業員が参加することで、
 従業員のパワハラに対する意識を高める。また、従業員がパワハラについて職場で話題にしたり、
 働きやすい職場環境づくりについて考える機会にもなる。
⑤周知する
 会社としての取組みを周知することで、従業員の意識および取組みの効果を高める。

2.パワハラ問題を解決するために
①相談や解決の窓口を設置する
 発生したパワハラ事案を解決する。
 また、相談窓口の存在自体が、従業員の意識向上に役立ち、パワハラの予防に繋がる。
②再発を防止する
 再啓発・再研修を実施することで、行為者または同一職場が再度問題を起こすことを防ぐ。
スポンサーサイト

辻 社会保険労務士事務所

FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。