FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康診断の検査項目とは?

1.雇入時の健康診断・定期健康診断の検査項目
  ①既往歴及び業務歴の調査
  ②自覚症状及び他覚症状の有無の検査
  ③身長、体重、腹囲、視力及び聴力の検査
  ④胸部エックス線検査及び喀痰検査
  ⑤血圧の測定
  ⑥貧血検査
  ⑦肝機能検査
  ⑧血中脂質検査
  ⑨血糖検査
  ⑩尿検査
  ⑪心電図検査

「定期健康診断」は、医師の判断により省略できる項目があります。なお「雇入時の健康診断」については省略できる項目はありません。

2.定期健康診断で省略できる項目
  ①身長の検査(20歳以上の者)
  ②腹囲の検査
   ・40歳未満の者(35歳の者を除く)
   ・妊娠中の女性その他の者であって、その腹囲が内臓脂肪の蓄積を反映していないと診断されたもの
   ・BM I が20 未満である者 BM I =体重(kg)/身長(m)2
   ・自ら腹囲を測定し、その値を申告した者(BM I が22未満である者に限る)
  ③喀痰検査
   ・胸部エックス線検査によって病変の発見されない者
   ・胸部エックス線検査によって結核発病のおそれがないと診断された者
  ④貧血検査、肝機能検査、血中脂質検査、 血糖検査及び心電図検査
   ・40歳未満の者(35歳の者を除く)
  ⑤胸部エックス線検査
   ・40歳以上→全員に実施
   ・40歳未満→以下のア~ウ以外は、医師が必要でないと認めるときは、省略することができる。
    ア.5歳毎の節目年齢(20歳、25歳、30歳及び35歳)の人
    イ.感染症法で結核に係る定期の健康診断の対象とされている施設等で働いている人
    ウ.じん肺法で3年に1回のじん肺健康診断の対象とされている人

※検診年齢は、年度の末日(3月31日)現在の満年齢でカウントします。
スポンサーサイト

辻 社会保険労務士事務所

FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。