FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社が義務付けられる健康診断とは?

会社が行うことを義務づけられている健康診断は、以下のとおりです(労働安全衛生規則1節の2)。(1)および(2)の健康診断は、常時使用する労働者を雇用している全ての企業に実施を義務づけられますが、(3)以降は、その項目に該当するケースがある場合に実施を義務づけられる健康診断です。

①雇入時の健康診断
 常時使用する労働者を雇入れるときに実施する健康診断

②定期健康診断
 常時使用する労働者に対し、1年以内ごとに1回実施する健康診断

③特定業務従事者の健康診断
 深夜業務や特定業務従事者に対し、6ヶ月以内ごとに1回実施する健康診断

④海外派遣労働者の健康診断
 労働者を6ヶ月以上海外に派遣させるときや、海外に6ヶ月以上派遣していた労働者を
 日本国内の業務に従事させるときに実施する健康診断

⑤結核健康診断
 健康診断で結核の恐れがあると診断された労働者に対し、おおむね6ヵ月後に行う健康診断

⑥給食従業員の検便
 給食従業員を雇入れる際や当該業務へ配置替えの際に行う検便による健康診断

⑦歯科医師による健康診断
 特定の業務に常時従事する労働者を雇入れる際や当該業務へ配置替えの際に、
 6ヶ月以内ごとに1回実施する歯科医師による健康診断
スポンサーサイト

辻 社会保険労務士事務所

FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。