FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働者数50人未満の事業場の安全衛生管理とは?

常時使用する労働者が10人以上50人未満の事業場での安全衛生管理体制は以下のとおりです。なお、安全衛生推進者または衛生推進者を選任したときは、氏名を作業場の見やすい箇所に掲示する等により関係労働者に周知させなければなりません(労働安全衛生規則14条の4)。

【安全衛生推進者または衛生推進者の選任】
労働者数10人以上50人未満規模の事業場においては、労働安全衛生法により、安全衛生推進者または衛生推進者の選任が義務付けられ、選任すべき事由が発生した日から14日以内に選任しなければならないとされます。ただし、所轄の労働基準監督署への選任報告の義務はありません。
①労働者数10人以上50人未満規模の、安全衛生推進者を選任すべき事業場
 林業、鉱業、建設業、運送業、清掃業、製造業(物の加工業を含む。)、電気業、ガス業、熱供給業、
 水道業、通信業、各種商品卸売業、家具・建具・じゅう器等卸売業、各種商品小売業、
 家具・建具・じゅう器小売業、燃料小売業、旅館業、ゴルフ場業、自動車整備業、機械修理業

②労働者数10人以上50人未満規模の、衛生推進者を選任すべき事業場
 上記以外の事業場
スポンサーサイト

辻 社会保険労務士事務所

FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。