FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半日単位の年休請求は認めなければならないか?

年次有給休暇は暦日単位付与が原則ですが、労働者が半日単位の年次有給休暇を請求してきたらどうするかとの問題があります。
これについて行政解釈は「法39条に規定する年次有給休暇は、1労働日を単位とするものであるから、使用者は労働者に半日単位で付与する義務はない(S24.7.7基収1428号、S63.3.14基発150号)」としています。
したがって、当社は半日単位の年次有給休暇を認めないとしても問題ありません。

この「付与する義務はない」を反面解釈として、半日単位年次有給休暇を認めている会社も多く存在します。
なお、半日単位の年次有給休暇は法に基づいたものでなく、労使がお互いに納得すればよいという考えに基づくものなので、時間単位年休制度のように労使協定の締結は必要としません。
但し、就業規則には定めておく必要があります。
スポンサーサイト

辻 社会保険労務士事務所

FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。