FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定年後の再雇用者の年次有給休暇は、定年前の残日数を継続できるか?

定年退職者を嘱託などとして再雇用する場合、年次有給休暇は従前のものを継続させるのか、一旦、定年前の年次有給休暇は消滅し、新たに、定年後の雇用として6ヵ月経過後に年次有給休暇付与を開始するのかという問題があります。
この点については、以下の行政通達が参考となります。

(参考通達)S63.3.14基発150号
継続勤務か否かについては、勤務の実態に即し実質的に判断すべきものであり、次に掲げるような場合を含むこと。この場合、実質的に労働関係が継続している限り勤務年数を通算する。
イ、定年退職による退職者を引き続き嘱託等として再雇用している場合(退職金規程に基づき、所定の退職手当を支給している場合を含む)。ただし、退職と再採用との間に相当期間が存し、客観的に労働関係が断続していると認められる場合はこの限りでない。

【解説】
定年退職者を直ちに再雇用するような場合は、定年前の年休がそのまま継続されることになり、また退職と再採用との間に相当期間が存する場合には、新たな年休付与ということになります。ただし「退職と再採用との間の相当期間」がどの程度かについては、通達では具体的に明示していないので、曖昧です。

なお、再雇用後の勤務態様が著しく軽くなるようなケースでは、正職員と定年退職後の嘱託職員の年次有給休暇の継続性が否定されたという判例もあるようです。(東京地判H2.9.25 東京芝浦食肉事業公社事件)
スポンサーサイト

辻 社会保険労務士事務所

FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。