FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最低賃金とは何か?

最低賃金制度とは、最低賃金法に基づき国が賃金の最低限度を定め、使用者は、その最低賃金額以上の賃金を支払わなければならないとする制度です。
最低賃金には、地域別最低賃金及び特定最低賃金の2種類があり、地域別最低賃金及び特定最低賃金の両方が同時に適用される場合には、使用者は高い方の最低賃金額以上の賃金を支払わなければなりません。
最低賃金法には刑事罰も規定されています。

【最低賃金の種類】
(1) 地域別最低賃金…都道府県ごとに定める最低賃金です。産業や職種にかかわりなく、その都道府県に働く全ての使用者・               労働者に適用されます。
(2) 産業別最低賃金…特定の産業について設定されている最低賃金で、地域別最低賃金よりも高い最低賃金を定めることが               必要と認める産業について設定されています。適用される産業は、都道府県によって異なります。

【最低賃金額のチェック】
(1) 時間給の場合…時間給≧最低賃金額(時間額)
(2) 日給の場合…日給÷1日の所定労働時間≧最低賃金額(時間額)
(3) 月給の場合…月給÷1カ月平均所定労働時間≧最低賃金額(時間額)

※注意
最低賃金額との比較にあたって次の賃金は参入しません。
 ①臨時に支払われる賃金(結婚手当など)
 ②1ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金(賞与など)
 ③時間外労働、休日労働、深夜労働に対して支払われる賃金(割増賃金など)
 ④精皆勤手当、通勤手当および家族手当
スポンサーサイト

辻 社会保険労務士事務所

FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。