FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日は暦日で与えなければならないか?

休日とは、単なる継続24時間を与えるのでは足りず、午前0時から午後12時までの暦日で与えなければならないというのが原則です(昭23.4.5基発535号)。

但し、以下の例外が認められています。

【暦日休日の例外】
(1)交替制勤務の場合の休日(例えば、8時間3交替連続作業のような場合)
 以下のいずれにも該当する場合に限り、継続24時間の休日付与を認めています。
  ①番方編成による交替制によることが就業規則等により定められており、制度として運用されていること
  ②各番方の交替が規則的に定められているものであって、勤務割表等によりその都度設定されるものでないこと
(2)旅館業における休日
 フロント係、調理係、仲番および客室係に限って、原則として正午から翌日の正午までの24時間を含む継続27時間の休憩が確保されている場合については、暦日休日の例外を認めています。
スポンサーサイト

辻 社会保険労務士事務所

FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。