FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働時間とは?

「労働時間」とは、労働者が使用者の指揮命令に服し労務を提供している時間をいい、具体的には、労務の開始から終了までの時間から休憩時間を差し引いた実働時間をいいます。
労働時間と休憩時間を併せた時間は「拘束時間」といい、労働時間と区別されます。
また、「法定労働時間」とは、1日および1週の労働時間の上限を指し、労働基準法では法定労働時間を、原則1日8時間、1週40時間と定めています。

※「拘束時間」と「労働時間」、「休憩時間」は次の通り定義されます。
拘束時間・・・始業から終業までの使用者の監督下にある時間
       実働時間と休憩時間を合わせた時間
労働時間・・・拘束時間のうち、労働者が使用者の監督下で労務を提供する時間
       手待ち時間、使用者が実施する朝礼、作業終了後の後片づけ、業務上必要とされる仮眠や休息も含む
一般には、所定労働時間と残業時間を合わせた実働時間を指す。(通勤時間は含まれない)
休憩時間・・・使用者の監督下にあっても、自由に労務から離れることのできる時間
スポンサーサイト

辻 社会保険労務士事務所

FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。